矯正治療の進み方

1 治療が始まるまで


初診・相談
初めて私たちの診療所においでいただきましたら、まず初診時記入用紙にご記入をいただきます。
ここでは住所・氏名・年齢などの他、現在歯並びのどのようなことが一番気になっているか等についてお伺いいたします。こちらは、ご相談の際に参考にさせていただきます。

その後、診療室にお入りいただきますが、ご相談をさせていただく前にご自身の歯並びのデジタル写真を何枚か撮影させていただきます。この写真は直ちにユニット(治療椅子)に備え付けられている小型モニタに映し出されます。こちらをご覧いただきながらご相談を進めて参ります。


精密検査

ご相談の結果、もし治療を前向きに考えてみようとお思いになりましたら、次回来院の際に精密検査をさせていただきます。これは診断に必要な資料をそろえるステップで、具体的には
●歯並びの模型を作るための印象採得(型とり)
●顔のレントゲン写真(治療目標を設定するのに重要な役割を果たします)の撮影
●歯のレントゲン写真の撮影
●顔および口腔内のスライド写真の撮影
●現在の上下のあたりぐあい、および咬む力の検査
などをさせていただきます。顎の関節に痛みなど何らかの症状のある方は、そちらに対する検査もいたします。
それらの資料を元に、診断および治療方針の確立を行います。なお、この精密検査には45〜60分程のお時間をいただきます。


歯列の模型 骨格のレントゲン 歯のレントゲン



診断
精密検査から約2週間後に分析結果のご説明をいたします。こちらの説明は診療室奥のカウンセリングルームで行います。

詳しい治療方針、予想される治療期間、費用などをお聞きいただき、ご了解いただいた場合はじめて実際の治療に入ることになります。もちろんその場ですぐ始めるかどうかお決めいただく必要はございません。後ほどお電話でご連絡をいただくかたちで結構です。この診断のステップには30〜45分のお時間をお取りしております。





   いとう矯正歯科