Q & A


ここでは、矯正治療に関するご質問の内、代表的なもののいくつかについてお答えいたします。こちらに掲載されている項目以外でお聞きになりたいことなどございましたら、どうぞご遠慮なく電話・メールでお問い合わせ下さい。


(質問)歯を抜かないと治療できませんか?

ヒトの歯は乳歯から永久歯に、1回きりしか生え変わりません。その大切な永久歯を、できれば抜かずに治療したいというのはほとんど全ての皆さんの希望でしょう。当院では、できるだけ歯を抜かずに治療を進めるよう心がけています。しかしながら、歯の大きさと顎の大きさの不調和などの理由から、抜歯をしないと満足な治療結果が得られない場合があることも事実です。(例えば、何とか歯は抜かないで並んだとしても、かなり前歯が出っ張ってしまって口が閉じづらい、というのはその方にとって満足のいく治療でしょうか。)
大切なのはその方その方に合った治療方針をしっかり立てることです。歯を抜かないから「良い治療」、抜くから「悪い治療」ということではないと思います。


(質問)大人でもできますか?


矯正というと子供のものと思われがちですが、基本的に年齢は関係ありません。歯並びを治したいという前向きな気持ちをお持ちでしたら、おいくつでも治療に入ることはできます。
ただ、成人の方は歯肉や歯を支える周りの骨の病気(歯周病)に罹患していたり、個々の歯の状態に問題がある割合が比較的高く、そのようなケースではまずそちらの治療をしてから矯正に入ることになります。
また、歯の動きは個人差がありますが、子供に比べると若干長めにかかる傾向があるようです。


(質問)治療期間はどれくらいかかりますか?


症例によって異なりますが、歯を動かすための装置を付けている期間は簡単なもので6ヶ月くらい、全体を治すもので平均2年〜2年6ヶ月くらいです。
始める年齢によっては治療が第1期、第2期と大きく2段階に分かれる場合もあります。第1期治療として約1年間、その後中休み(経過観察)をはさんで、永久歯列完成の後に第2期治療として1年6ヶ月〜2年の仕上げ治療を行います。

さらに、矯正では歯を動かし終わったあと、後戻りが起きないよう保定という段階に入りますが、保定については「矯正治療の進み方3 歯の移動を終えてから」の項で詳しく説明しておりますので、そちらをご覧いただければ幸いです。

(質問)治療中スポーツや吹奏楽はできますか?


スポーツをすること自体には問題はないでしょう。ただ、バスケットボールやバレーボールなどが不幸にして顔面(口元)を直撃した場合などは、口の中が傷ついたり装置が一部外れたりといったことがあるかもしれません。また吹奏楽もほとんどの場合は影響がないと思われますが、装置が付いたあとその感覚に慣れるまでに多少の時間は必要でしょう。常にマウスピースを歯でくわえたりしているようなものでは、歯の動きに若干の影響が出ることも考えられます。

(質問)治療中食べてはいけないものなどはありますか?

可撤式(取り外しのきく)装置を使用している場合は、食事のときは装置を外しますから何を食べていただいても問題ありません。固定式(取り外しのきかない)装置の場合、できればキャラメルとハイチュウは避けていただければ・・・と思います。ガムは普通の粒ガムや板ガム程度なら問題ないでしょう。それ以外のものは通常の食事はもちろん、おもちでもおせんべいでも、何でもOKです。


(質問)途中で転勤があるかもしれないのですが、その場合は?

矯正治療は終了するまでに長い期間を要するものですから、治療途中で転勤・引越しになってしまうことも珍しくありません。その場合は転勤先の先生に治療を継続していただくことになります。転勤先の矯正医をリストアップして事前にお渡しし、参考にしていただくこともできます。
治療費は、当院としては治療の進行状況に見合った分だけ収めていただき、そこからあとの分の請求はもちろん行いません。ただ、矯正治療費は地域格差やその医院ごとの考え方がありますので、転医先での新たな治療費についてはそちらの医院でよくお話を伺ってください。
   いとう矯正歯科