院長より −いとう矯正歯科の考え方−


このようなホームページでは、現状ではあまり内容についての制約がありませんので、いくらでも美辞麗句を並べ立てることは可能です。しかし、書かれている内容を実践する姿勢がなければ何の意味もありません。
私たちは、狭山市を中心とする地域の皆様に質の高い矯正治療を提供させていただきたいと考えています。私は国立大学での教育、卒後研修などを通して日本で最高レベルの矯正臨床教育を受けてきたと自負しております。それを皆様に少しでも還元させていただくため、患者さんにとっての良い治療、望まれる治療を常に考えながら、スタッフ共々医療に携わる者としての誇りをもって毎日の治療にあたっています。まだまだ至らない部分がありますが、日々の経験をフィードバックし、少しでも医院として進歩していきたいと思っています。
ここでは、当院で心がけている治療姿勢のいくつかをご紹介いたします。


インフォームドコンセント

インフォームドコンセント(Informed Consent)とは「医師からの説明と患者の同意」を意味し、より良い治療のためにお互いの理解を深める合い言葉です。当院ではこの考え方に基づき、毎回十分な治療内容の説明を行うようにしています。

効率的な治療

いつ、どのような形で治療を開始すれば最も短期間で効率よく、負担も軽く治療を終えることができるかを詳細に検討したうえで治療を進めてまいります。無計画に長期間装置をつけたままにするようなことはいたしません。

口腔衛生管理

私たちは、歯の清掃をとても大切に考えています。矯正治療によってせっかく歯並びが美しくなっても多くの歯に虫歯ができてしまったり、歯肉の病気が悪化してしまったら何の意味もありません。この口腔衛生管理に関しましては、「矯正治療の進み方2 治療中のこと 口腔衛生管理について」の項目で詳しくご説明しております。ご覧いただければ幸いです。

 
   いとう矯正歯科